検索する場合はENTER、閉じる場合はESCを押してください。

「Incubus Air ArrayメインとStasys Xairサブのサウンドと素晴らしい外観については、インストール以来、賞賛の声しかありません。この新しいシステムから多くのことを学びましたし、Voidファミリーの一員になったという事実も気に入っています。ネイサン・ショートは、私がこれまでに会った中で最も素晴らしい技術者です。これからもずっと、彼やVoidファミリーと一緒に仕事をして、彼から学んでいきたいと思っています。"スカイラー・ウェルチ - ザ・チャーチのハウステクニシャン

Pineapple Audio社は、デンバーのナイトクラブで以前は礼拝所として使用されていたThe ChurchにVoid Acousticsの巨大なサウンドシステムを設置しました。システムはAir Arrays 2台、Nexus 6 2台、Stasys Xairs 6台で構成されています。The Churchプロジェクトの計画は、インストールの何ヶ月も前から始まり、数回の現地調査、フロアプランの図面、音響シミュレーションから構成されています。"

"Void Acousticsの傑出した完全にユニークな外観とその音質が、今回の導入の決め手となりました。

マット・エドガー - パイナップル・オーディオ

この部屋はとても古く、ユニークで途方もないレイアウトになっています。この教会は1865年に建てられたもので、過去20年間、同じ成功を収めたオーナーのもとで、いくつものナイトクラブやアイデアを提供してきました。町の他のクラブが大規模なシステムにアップグレードしていた中で、ある推薦者が我々に連絡してきたのです」。Pineapple Audio社のマット・エドガー氏は次のように続けます。「新しいサウンドシステムは、視覚的にも音的にも強いインパクトを与えなければなりませんでした。

音響シミュレーションを何度も繰り返し、VoidのチーフデザインエンジニアであるRog Mogale氏の全面的なサポートを得て、最終的にメインダンスフロアのシステムを決定しました。2台のエアアレイを左右のメインアレイとし、メインアレイから約38フィート後方の左右に2台のNexus 6フィルを配置しました。鉄骨鉄筋コンクリートのエンクロージャーに指向性モノラルベースアレイを構築し、DJブースとしても機能するようにStasys Xairサブウーファーを6台設置しました。DJモニターとしてAirten V2を2台、ローエンドとしてStasys 118を2台設置しました。また、Venu 12を2台使用したデュアルクラスターによるVIPフィルも追加されています。

「しかし、コンクリートバンカー内のサブウーファーを慎重に配置してアレイ化することで、以前から大きな問題を抱えていた建物裏の路地の低域を30dB低減できるというシミュレーション結果が得られ、実際に測定された通りの結果となりました。その他、システムの試運転は非常にスムーズに行われ、1時間も経たないうちに部屋の調整が完了しました。シミュレーションでは、ダンスフロア部分では非常に強いエネルギーと非常に均一なカバレージが得られ、それ以外の部分ではうまく落ちていくことがわかり、事前に行った作業が功を奏しました。システムは非常に集中しており、タイトで長いベースパターンが素晴らしいサウンドを生み出しています。言うまでもなく、新しいVoidシステムには意図的に30%のヘッドルームが組み込まれていますが、これはおそらく使うことはないでしょう。これにより、コンポーネントにストレスを与えることなく、クリアで美しく、ダイナミックなサウンドを実現しています。- ネイサン・ショート - ヴォイド・アコースティックス

このインストールは、パイナップル・オーディオの優秀なチームによって完成しました。 

連絡を取り合おう

ニュースレターにご登録いただくと、最新のニュースやイベント情報をお届けします。